(※このページは2018年7月30日に更新されました)

フレシャスのデュオとスラットは何が違うんでしょうか・・・実際に、この2つのサーバーを利用してみて、感じたことをまとめてみました。

よかったら参考にどうぞ^^

フレシャスのスラットとデュオは何が違う?

注水のしやすさの違い

デュオは、冷水ボタンから給水位置までの距離が少し長めに設計されています。

フレシャス・dewo(デュオ)でコップに水を注いでいる様子

なので、コップに水を注いでいる様子を近くで見ようとすると、少し覗きこむような感じで、かがむ体勢になってしまいます。

これに対して、スラットは、この距離が短く設計されていて、デュオより給水位置が高いので、比較的、楽な体勢で注水ができます。

※うちの奥さんも、こんな感じで楽に水を出せました^^

フレシャス・スラットで奥さんが水を出している様子

個人的には、すごく使いやすくなったなあ、という印象です。

水の勢いの違い

注水時の水の勢いは、スラットのほうが強いです。

なので、一度にたくさんの水を出したい方は、スラットのほうが、ストレスなく使用できるかもしれません^^

水の交換作業の違い

デュオは、7.2リットルのウォーターパックを本体の上部にセットします。

フレシャス・デュオの水を交換している様子

これに対して、スラットは、9.3リットルのクラッシュボトルというペットボトルを、本体の下にセットします。

フレシャス・スラットのボトルを交換している様子

スラットのほうが、ボトルの重さはありますが、本体の下にセットできるため、交換作業自体の大変さは、デュオとそれほど変わらないのかな、という印象です。

使用後のゴミの違い

デュオのウォーターパックは、こんなに小さく潰せます。

空になったウォーターパックを丸めた状態

スラットのペットボトルは、これが限界です。

フレシャス・スラットのクラッシュボトルとフレシャス・デュオのウォーターパックを並べて比較している様子

スラットのほうがゴミはかさばりますが、水の容量はデュオより多いので、交換回数は、若干少なくて済むかもしれません。

モーター音の大きさの違い

ボトルを下にセットするタイプは、モーターで水を汲み上げる仕組みになっていますので、注水するときに、どうしてもモーター音がしてしまいます。

デュオは、水を汲み上げる必要がありませんので、あたり前ですが、まったく音はしません。

ちなみに、スラットは水を出すたびに、ボトルが潰れていく仕組みになっていますので、そのときに、ボトルが潰れる音も若干します。

フレッシュモードの違い

フレッシュモードは、サーバー内のタンクと配管内に温水を循環させて、雑菌を殺菌する機能ですが、デュオとスラットで、作動の仕方と時間が微妙に違います。

デュオは、手動でボタンを押して、作動させなければいけませんが、スラットは何もしなくても、自動で作動してくれます。

作動する時間は、デュオは2時間程度ですが、スラットは100分程度なので、スラットのほうが、20分くらい早く終わることになります。

この機能は、自動で作動してくれると、「やり忘れ」がなくなりますので、個人的には、スラットのほうが、衛生面で安心なのかなと思います。

常温水機能のこと

これは、スラットだけにある機能です。名前の通りですが、常温の水を出すことができます。

フレシャス・スラットの「NORMAL」ボタンを押して常温水をコップに注いでいる様子

これは、健康や美容に関心が高くて、常温の水を飲むことを習慣にしているような方にとっては、便利な機能なのかなと思います。

※デュオには、この機能はありませんが、温水と冷水を混ぜれば、常温の水はすぐに作れます。

リヒート機能のこと

これもスラットだけの機能です。リヒートボタンを押すと、通常85℃前後の温水を、93℃前後にまで再加熱してくれます。

熱々のコーヒーや、カップラーメンなどを作りたいときに便利です^^

フレシャス・スラットのリヒート(再加熱)機能を使ってカップラーメンを作っている様子

ついでにデザインの違い

今さらいいよ・・・と言われてしまいそうですが、一応、綺麗に映っているデュオとスラットを載せておきます。

※フレシャスの「インスタグラムギャラリー
」にも、むちゃくちゃ綺麗な写真が載っていますので、よかったらチェックしてみてください^^

利用料金の違い

最後に、利用料金の違いも、ざっとですが、まとめておきます。※スラットのほうが、少し高めに設定されているようです。

スラット デュオ
レンタル料金
※サーバーのレンタルプランの場合
900円(税込972円)
※前月の注文箱数が3箱以上の場合は無料
500円(税込540円)
※前月の注文箱数が2箱以上の場合は無料
本体価格
※サーバーの購入プランの場合
50,000円(税込54,000円)
※分割(36回)払いもあり。
48,000円(税込51,840円)
※分割(36回)払いもあり。
天然水『FRECIOUS富士』の料金(500ml換算) レンタルプラン:約81円
購入プラン:約67円
レンタルプラン:約80円
購入プラン:約65円
電気代(月額) 約380円 約330円

まとめ。どっちがいい?

で、結局どっちがいいのでしょうか・・・まとめてみました^^

こんな人はデュオ?

  • 水はできるだけ軽いほうがいい。
  • ゴミ捨てのストレスが大きいほうだ。
  • 余計な機能はいらない。利用料金は出来るだけ安いほうがいい。
  • リビングに置きたいから、音は静かでないと困る。

こんな人はスラット?

  • 何よりも使いやすさを重視する。
  • ペットボトルのゴミが出ても問題ない。
  • 常温水、リヒート機能、”自動”のフレッシュモードが魅力的だから、多少は割高でも許す。
  • キッチンに置く予定だから、多少は音が出ても問題ない。

どうでしょうか・・・参考になれば、嬉しく思います!