せっかく苦労して選んだウォーターサーバーも、何らかの理由でいらなくなってしまう家庭もあるようです。

実際に解約してしまった人は、どんな理由があったのでしょうか?本当にあった例を少し紹介したいと思います。

思っていたよりお金がかかった。

これは一番よくある理由だと思います。

毎月の水代が高く感じてしまい、何とか節約できないか考えた結果、ウォーターサーバーはもうやめようか・・・ということになるようです。

それから、もうひとつは電気代です。ウォーターサーバーを利用すると必ず増えます。

サーバーによって電気代は異なりますが、省エネ機能がないサーバーは、月額1,000円前後で、省エネ機能があるサーバーでも、月額500円前後にはなるかと思います。

このことを知ったうえで、契約した方はそれほど気にならないのかもしれませんが、知らずに契約してしまった人は、ショックが大きいみたいです。

水の消費量が減った。

ウォーターサーバーを使い始めたときより、水の消費量が減ってしまった家庭は、水が使い切れずに余ってしまうことがあるようです。

というのは、メーカーによっては毎月の注文ノルマがあるからです。水が余っていても勝手に定期配送されますので、どんどん溜まってしまうんですね・・・

家庭での水の消費量が減ってしまう理由は、子供がミルクを卒業したことや、家族が家にいる時間が減り、水を飲む機会が減ったことなどがあるようです。

水が余ってしまっても、ある程度は備蓄水として置いておくことができますが、それでも多すぎる場合は、たしかに厳しいですね・・・お金も無駄に思えてしまいます。

ただ、やっぱり便利だから、できればウォーターサーバーは使い続けたいと思っている方は、ノルマがゆるいメーカーに乗り換えるという選択もありかなと思います。

水のボトルが重すぎる。

ボトルの重さが12キロ以上あると、交換作業がかなり大変です。

なかには18キロくらいのボトルもありますが・・・こんなの女性では絶対無理ですよね。

このような重いボトルを扱うメーカーを選んでしまい、大変な思いをされて解約してしまった人が結構いるみたいです。

ただ、今では、6~7キロのボトルを扱っているメーカーもたくさんありますので、そのようなメーカーを選べば解決できる問題ではあります。

空になったボトルの置き場所がない。

リターナブル方式のウォーターサーバーの場合、使用済みの空のボトルはメーカーに返却しなければいけません。

リターナブル方式とは、使用済みのボトルをメーカーが回収し、洗浄後に再利用する方式のことです。

そのため、空になったボトルは、配達員が回収しにくるまでどこかに保管しておかなければいけないのですが、この場所がなくて困ってしまう方がいるんですね・・・

ただ、この問題は、ワンウェイ方式のメーカーを選べばなくなります。ワンウェイ方式は、使い捨てタイプのことです。

使用後のボトルは、小さく潰して、家庭の資源ゴミとして捨てることができますので、空のボトルの置き場所に困ることはありません。

結局、ウォーターサーバーは必要なのか?

ウォーターサーバーなんていらない?と思えてきますが・・・当然メリットもありますので、そこに、どれだけの価値を感じるかで、必要性は変わってくるのかなと思います。

例えば、ウォーターサーバーがあれば、買い物のときに、もう、あの重いペットボトルを運ばなくて済みます。

30キロ近くある水の段ボール箱でも、配達員が玄関まで運んでくれるからです。とにかく楽です。

(小さい子供を連れながら、重い水を運ぶのって、本当に大変なんですよね・・・)

それから、ウォーターサーバーがあれば、いちいちお湯を沸かさなくても、ちょっとしたものなら、すぐに作れます。例えば、赤ちゃんのミルク、離乳食、コーヒー、温かいスープやカップラーメンなどです。

とくに、1分でも惜しい、ものすごく忙しい朝は、お湯を沸かすゆとりすらありませんので、何もしなくても、お湯をすぐに出せるのは本当に助かります。

なので、こういったところに、ウォーターサーバーを利用する価値を感じる方にとっては、もしかしたら、水代も電気代もそれほど気にならないのかもしれませんね^^