(※このページは2018年7月24日に更新されました)

みなさんもご存知の「クリクラ」と、富士山の天然水を扱っている「クリクラミオ」は、何が違うのでしょうか・・・

まとめてみましたので、よかったら参考にどうぞ^^

クリクラとクリクラミオは何が違う?

水の質の違い

この2つのサーバーですが、水の質が微妙に違います。

クリクラはRO水です。クリクラのRO水は、水道水をRO膜という、ものすごく精度の高いフィルターでろ過したものです。

ろ過後は、4種類のミネラル(カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム)を人工的に添加しています。

クリクラミオは、富士山の麓で採水される天然水です。この天然水は、RO膜のような精度の高いフィルターでのろ過はしないため、天然のミネラルがそのまま残されています。

例えば、上記の4種類のミネラルの他にも、バナジウムを含んでいます。

ところで味の違いってどうなんでしょうか・・・味の感じ方は人によって様々ですが、これをうちの奥さんに聞くと、こう言われます。

「は?味なんかないよ。だって水じゃん。甘いの欲しかったらアクエリアスでも飲みなよ。」

なるほど・・・

配送方式の違い

クリクラはリターナブル方式です。使用後のガロンボトルを洗浄して再利用する方式になります。

空のガロンボトルは、配達員が回収しに来ますので、それまでどこかに保管しておかなければいけません。

クリクラミオはワンウェイ方式です。使い捨て方式になります。ボトルはPET素材ですので、使用後は潰して、資源ゴミとして捨てることができます。

ガロンボトルのように、保管しておく必要はありませんが、ゴミの量は増えてしまいます。

ボトルサイズの違い

クリクラのガロンボトルには、12リットルの「クリクラボトル」と、6リットルの「クリクラキュートボトル」があります。

クリクラミオは8リットルのペットボトルです。

どちらも、10リットル以下のボトルが用意されているので、女性でもボトルの交換作業ができそうです^^

ちなみに、うちの奥さんは、12リットルのボトルは重すぎて持ち上げられませんでした・・・

利用料金の違い

ざっとですが、利用料金の違いをまとめてみました。

クリクラ クリクラミオ
水の料金(500ml換算) 約52円 約88円
レンタル料金 無料
※ボトルの利用本数が3ヶ月で6本未満の場合は、月額1,000円
無料
メンテナンス料金 ※あんしんサポートパック料 417円/月に含まれる。 無料
配送料 無料 無料
※奇数本での配送の場合500円
電気代(月額) 約1,000円~1,300円 約700円
解約金 無料 8,000円
※契約後、2年未満に解約した場合に発生

注文ノルマについて

上記の表にも記載していますが、クリクラは、ボトルの利用本数が3ヶ月で6本未満の場合は、月額1,000円のレンタル料金が必要になってきます。

クリクラミオは、奇数本での配送の場合、500円の送料が必要です。

無料お試しについて

クリクラには、無料お試しのサービスがありますが、クリクラミオにはありません。

ちょっと残念ですね・・・

まとめ。どっちがいい?

で、結局どっちがいいのでしょうか・・・まとめてみました。

こんな人はクリクラ?

  • 原水にこだわりはない。どちらも安全なのであれば安いほうを選ぶ。
  • ボトルのゴミがでるのは嫌だ。回収してほしい。
  • 空のガロンボトルを置いておく場所がある。

こんな人はクリクラミオ?

  • どうせお金を払って飲むなら、富士山の天然水のほうがいい。
  • 使い回しのボトルは嫌だ。毎回新品の使い捨てがいい。
  • 空のガロンボトルを置いておく場所などない。

こんな感じでしょうか^^

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。