(※このページは2018年6月18日に更新されました)

ここでは、わが家で「フレシャス・スラット」を使ってみた感想を、正直にレビューしています。

よかったら参考にしてください^^

フレシャス・スラットが届きました!

こちらは、佐川急便さんからウォーターサーバーと天然水が届いた様子です。

フレシャス・スラットが玄関に届いた様子

フレシャスは配達日と、配達の時間帯も2時間おきに指定できるので助かります。

キッチンに設置!(設置の様子は、こちらでまとめています)

フレシャス・スラットをキッチンに設置した様子-正面

フレシャス・スラットをキッチンに設置した様子-右側

フレシャス・スラットをキッチンに設置した様子-上部の操作パネル

(おしゃれだなあ・・・)

さっそく、味のごまかしがきかない常温水を飲んでみます!

(水は冷たすぎると舌が麻痺してしまい、本来の味が分からなくなることがあります)

フレシャス・スラットの「NORMAL」ボタンを押して常温水をコップに注いでいる様子

この瞬間はいつもワクワクしてしまいます・・・

(おいしいかな・・・)

ドキドキもしてきました。

全神経を舌に集中させました。

(ごくり・・・)

「うっま・・・」(ちょっと甘みある?)

やっぱり、富士山の天然水は、素直においしいです^^(個人的に相性がよいのかもしれません)

ちなみに、比較サイトやブログなどで、フレシャスの水がビニール臭いとか、まずいという口コミを見かけることがありますが、私は一度もそんな風に感じたことはありません。

フレシャスの「サイフォン」などのウォーターパックは、日の当たる場所に放置しておくと、ビニールの臭いが水に移ることもあるそうなので、もしかしたら、それが原因かもしれません。

また、出荷前にサーバー内部を洗浄した際に、すすぎが十分にされていないと、薬品臭が残ってしまうケースもあるようです。

運悪く、このような外れを引いてしまった場合は、すぐにフレシャスのコールセンターに連絡して、サーバーを交換してもらいましょう。

デメリットはある?

一通り使ってみましたが、使い勝手に関しては、とくに気になることはありませんでした^^

冷水(温水)ボタンが硬い?

ちなみに、ネットで「冷水(温水)ボタンが硬い」という口コミを見かけましたが、私はそれほど気になりません。

うちの奥さんも、最初は少し硬く感じたそうですが、こういうものだと言われれば、そうなのねと納得できる程度なのだとか。

それよりも、私はチャイルドロックの解除ボタンがもっと硬い気がします。

フレシャス・スラットのチャイルドロックを解除して赤ちゃんのミルクを作っている様子

でも、これは意図したものではないかなと思ったりもします。(子供が押せないように硬く設計されている?)

より安全に利用できるように設計されているのであれば、全然問題ないかなと私は思います。

スラットは音が気になる?

スラットはボトルをサーバーの下にセットして、モーターで水を汲み上げる仕組みになっているため、その際に少し音がします。

また、水を出す際にボトルが勝手に潰れていく仕組みになっているため、そのときに潰れる音も若干します。

でも、この2つの音も、私が想像していたよりも静かでしたので、全然気になりませんでした。

このタイプのサーバーで一番懸念していたことだったのですが、この程度なら全然いいじゃんって感じです。

メリットは?

ここからは、「これいい!」って思えたことを全てお伝えしますね^^

おしゃれ!清潔感があって綺麗!

このサーバー、実物を見ても本当におしゃれです。

真っ白な本体はすごく清潔感があって、ピンクと緑のLEDも本当に綺麗なんですよね^^

フレシャス・スラットの操作パネルの様子(ピンクと緑のLEDが綺麗に光っている)

※フレシャスの「インスタグラムギャラリー
」に、むちゃくちゃ綺麗な写真が載っていますので、よかったらチェックしてみてください^^

ちなみに、サーバー本体のサイズは、A4用紙と比較するとこんな感じになります。

フレシャス・スラットの本体の幅とA4用紙の幅を比較している様子

フレシャス・スラットの本体の奥行とA4用紙の奥行を比較している様子

A4用紙より少し大きい程度ですので、そんなに場所もとりません^^

冷水(温水)を出すのが楽。

スラットは給水位置と冷水(温水)ボタンが高い位置にあるため、すごく楽な体勢で給水することができるんですね^^

写真はうちの奥さん(身長160.3センチ)ですが、こんな感じで、腰を曲げずに楽に水を出すことができました。

フレシャス・スラットでうちのママが水を出している様子

私もそうですが、腰を痛めている人は中腰の体勢がかなり危険ですので・・・この体勢で水を出せるのは本当に助かります。

下置きボトルだから交換作業も楽。

スラットは、9.3リットルのボトルを下にセットするタイプですが、うちの奥さんもこんな感じで、比較的楽に交換できました^^

いち、

フレシャス・スラットのボトルを交換している様子-1

にの、

フレシャス・スラットのボトルを交換している様子-2

さんっ!

フレシャス・スラットのボトルを交換している様子-3

ボトルをサーバーの中にスライドさせて・・・

フレシャス・スラットのボトルを交換している様子-4

ふたを閉めれば完了!

フレシャス・スラットのボトルを交換している様子-5

意外とあっさりできてしまったので、ちょっとびっくりしました。(もうちょっと大変だと思ってたけど・・・)

ちなみに、12リットルサイズのボトルを本体の上部にセットするタイプは、うちの奥さんでは交換作業はできませんでした。(重くて持ち上げられません)

ボトルのゴミもコンパクトに。

スラットのボトルは、9.3リットルサイズなので、使用済みのボトルは、他社の12リットルのボトルよりもコンパクトに潰すことができます。

こんな感じですね^^

フレシャス・スラットの空になったボトル

水の勢いがいい感じ。

これは、フレシャスの「デュオ」との比較になってしまうのですが、スラットは注水時の水の勢いが強いので、ストレスなく水を出せます。

個人的には、すごく使いやすくなったなあ、という印象です^^

ちなみに、逆に勢いありすぎない?水がとび跳ねるけど・・・という口コミをネットで見かけましたが、これも私はあまり気になりませんでした。

たしかに水が跳ねることはありますが、勢いが弱くてストレスが溜まるよりは全然いいです。やっぱり人によって感じ方って様々なんですね・・・

(あたり前ですが、水を注ぐときにコップを給水口に近づければ、水の跳ねはかなり軽減できます。)

電気代が安い!月額約380円。

スラットの電気代は、月額約380円ですので、他社の電気代(月額約1,000円)と比べると、60%くらい安いことになります。

なので、例えば年間の電気代だと、他社より、約7,440円も安いことになります。

  • 【スラットの年間の電気代】
  • ⇒ 月額380円 × 12ヵ月 = 年間4,560円
  • 【他社の年間の電気代】
  • ⇒ 月額1,000円 × 12ヵ月 = 年間12,000円

この差は、5年後には、約37,200円 (7,440円×5年)にもなってしまいます・・・これ、結構大きいですよね・・・

ちなみに、電気代が安い理由は、サーバー本体に「エコモード」「スリープモード」「デュアルタンク」という、3つの省エネ機能があるからなのだそうです。

自動のクリーン機能で衛生面も安心!

スラットには、次の2つのクリーン機能があるため、サーバーの内部は、いつも清潔に保つことができます。

オートピュアキープシステム

これは、5日ごとに、温水を配管内に循環させて、衛生状態を保つという機能です。※自動で作動してから3分程度で終わります。

フレッシュモード

これは、30日ごとに、温水をタンクと配管内に循環させて、雑菌を殺菌する機能です。※自動で作動してから100分程度で終わります。

フレシャス・スラットのフレッシュモード

どちらのクリーン機能も、自動で作動して、勝手に終わりますので、使う側は何もする必要がありません。

これは本当に助かります。自動で作動してくれれば、「やり忘れ」がなくなりますので、衛生面でかなり安心できるのかなと思います^^

常温水機能が意外と便利。

正直、「この機能いる?」と、使う前は思っていたのですが、使ってみたら意外と便利でした^^

フレシャス・スラットの「NORMAL」ボタンを押して常温水をコップに注いでいる様子

というのは、たまに、冷たい水よりも常温の水が欲しいときってあるんですよね。

例えば、こんな時です。

  • 体調が悪いとき(お腹を壊している)
  • 胃腸薬などを飲むとき
  • ちいさな子供に与えるとき
  • 冬の寒い日
  • 体を冷やしたくないとき(うちの奥さん)

これ本当に意外でしたが・・・役に立ってます^^

リヒート(再加熱)機能も助かる。

これは、カップラーメンやコーンスープなど、ちょっとしたものを作るときにすごく便利な機能です。

ボタン一つでお湯を熱々に加熱することができますので、カップスープなどを作っていざ食べようとしたらぬるい・・・なんて最悪なことにならずに済みます。

試しにカップラーメンを作ってみました。おいしくできましたよ^^

フレシャス・スラットのリヒート(再加熱)機能を使ってカップラーメンを作っている様子

旦那さんが喜ぶかも(!?)

コーンスープもおいしくできました。

フレシャス・スラットのリヒート(再加熱)機能を使ってコーンスープを作っている様子

ちなみに、スラットのドリップトレイはスペースが広いので、ご飯茶碗も置けます。(他社のサーバーだとはみ出てしまいます)

なので、お茶漬けなんかも作れちゃうんですね^^

フレシャス・スラットのリヒート(再加熱)機能を使ってお茶漬けを作っている様子

もちろん、お茶、紅茶、コーヒーなども熱々にできますので、おいしく飲めると思いますよ^^

赤ちゃんにも安心!ミルク作りも楽々!

フレシャスの天然水は、バナジウムも含んだ「弱アルカリ性の軟水」なので、健康と美容にも良くて、赤ちゃんにも優しいお水と言えます^^

赤ちゃんのミルク作りも超簡単。作る手順はたったのこれだけです^^

1. 哺乳瓶に必要な量の粉ミルクを入れる。

フレシャス・スラットを使ったミルクの作り方1-哺乳瓶に粉ミルクを入れている様子

2. お湯をできあがりの量の2/3くらい入れて、粉ミルクを溶かす。

フレシャス・スラットを使ったミルクの作り方2-哺乳瓶にお湯を入れている様子

3. 冷水をできあがりの量まで入れて混ぜる。

フレシャス・スラットを使ったミルクの作り方3-哺乳瓶に冷水を入れて混ざった様子

4. 適温になれば完成です!
※ミルクを腕の内側に1~2滴おとしてみて、すこし熱く感じる程度(40℃くらい)が適温とのことです。

これで、少しでも育児の負担が減るといいですね!