(※このページは2018年6月5日に更新されました)

ここでは、わが家で「クリクラミオ」を使ってみて、少し残念に思ったことや、逆に、これいい!って思えたことなどを、正直にレビューしています。

よかったら参考にしてください^^

クリクラミオが届きました!

クリクラミオが玄関に届いた様子

いつものキッチンに設置!(設置手順は、こちらでまとめています。)

家に設置したクリクラミオ

「これかわいいじゃん。」

うちの奥さんは、見た目が気に入ったみたいですね^^

水は、富士山のふもとで採水されるバナジウムを含んだ天然水になります。飲んでみた感想ですが、私は、ほのかな甘みを感じて、素直においしかったです。

ちなみに、うちの奥さんに味する?って聞いてみましたが・・・

「は?おいしいけど甘みなんてないよ。だって水でしょ?」

だそうです・・・

クリクラミオのデメリット ※ちょっと残念なところ

わが家でクリクラミオを使ってみて、ちょっと残念に思ったことがありましたので、まずは、そちらからお伝えしておきます。

ドリップトレイが狭いかも。

クリクラミオのドリップトレイにコップを置くと、こんな感じで、少しはみ出てしまいます。

クリクラミオのドリップトレイにコップを置いている様子

他のサーバーを使ったことがある人は、一瞬、あれ?って思うかもしれません。油断したらコップを落としそうです。

でも、その代わりに、クリクラミオは他のサーバーより少しスリムなので、スペースもあまりとりません。サーバー本体の幅は、A4用紙とほぼ同じサイズです。

クリクラミオとA4用紙を並べて比較している様子

ちなみに、フレシャスのデュオと比較すると、こんな感じです。

クリクラミオとフレシャス・dewo(デュオ)を並べて比較している様子

少し、ほっそりしてますよね^^

クリクラミオのメリット ※これいい!ってところ

ここからは、わが家でクリクラミオを使ってみて、これいいじゃん!って思えたことをすべてお伝えしますね^^

とにかくシンプルで使いやすい!

クリクラミオは、昔ながらの、レバーで水を出すタイプですが、やっぱり使いやすいなあ。という印象です。

レバーで水の勢いを調整することができますし、レバーをうえに上げて固定することで、水を出しっぱなしにすることもできます。

クリクラミオのレバーをうえに上げて、水筒に水を汲んでいる様子

(ボタンで給水するタイプのサーバーで同じことをしたかったら、ボタンを押し続けるしかありません。水の勢いも一定です。)

水のボトルが軽い!

クリクラミオのボトルは、8リットルサイズで軽いため、交換作業もそんなに大変ではありません。

うちの奥さんもこんな感じで交換できました^^(ボトルを上から差し込むだけです)

ママがクリクラミオのボトルをセットしている様子

ボトルのゴミもコンパクトに。

クリクラミオのボトルは、8リットルサイズなので、使用済みのボトルは、他社の12リットルサイズのものよりも、コンパクトに潰すことができます。

こんな感じですね^^

クリクラミオのボトルが潰れている様子

電気代がわりと安い。月額約700円。

省エネ機能がない一般的なサーバーの電気代は、月額1,000円くらいになりますので、それと比較すると、クリクラミオの電気代は30%くらい安いことになります。

月額だと数百円の差ですが、年間の電気代で比較すると、結構大きな差になってしまいます。例えば、年間のおおよその電気代は、

  • 【クリクラミオ】
  • ⇒ 月額700円 × 12ヵ月 = 年間8,400円
  • 【他社のウォーターサーバー】
  • ⇒ 月額1,000円 × 12ヵ月 = 年間12,000円

ですので、その差は年間3,600円です。5年後には、18,000円(3,600円×5年)になってしまいます。これ結構大きいですよね・・・

チャイルドロックの安全性が高い。

クリクラミオのチャイルドロックは、次のように、注水レバーを3回操作しないと解除できないようになっています。

チャイルドロックを解除する手順

  • 1. レバーを上げる
  • 2. そのまま、レバーを奥にスライドさせる
  • 3. レバーを下げる

この注水レバーは、1歳児の力では操作できないように設計されているそうです。なので、小さな子どもには、そう簡単には解除できません。

また、チャイルドロックの安全性は、東京都生活文化局消費生活部で調査されていますが、その結果によると、このタイプのチャイルドロックは、他社のものより安全性が高いことが確認されています。

※東京都生活文化局の発表(2013年3月19日):商品テスト結果「ウォーターサーバーの安全性」

それから、温水コックと冷水コックは、「コック回転防止リング」で固定されているので、コックが回転して外れることもありません。(コックが外れると熱湯が出てヤケドしてしまいます)

温水コックの回転防止リング

このように、クリクラミオのチャイルドロックは、安全性が高いので、安心かなと思います。

天然水がきれいで安心!

クリクラミオの天然水は、富士山のふもとで採水されるバナジウムを含んだ天然水です。

この天然水は、富士山の開発限界地域といわれている標高約1000メートルの位置で採水されているそうです。この位置から地下253メートルに浸透した天然水を採水しているとのことです。

クリクラミオの天然水の採水地

ここより上には人工的な施設は一切存在しないため、最高にきれいな採水環境だと言われています。

この天然水は長い年月をかけて地層を通過してるため、自然の力で十分にろ過されているそうです。そのため、採水した段階で十分きれいなのだとか。

このままでも十分きれいなのですが、クリクラミオの天然水は、採水後、さらに高温での加熱処理をして、より清潔で安全なお水にしています。※放射性物質(放射能)の検査も実施されています。

赤ちゃんのミルクにも最適!

クリクラミオの天然水は、バナジウムも含んだ「弱アルカリ性の軟水」ですので、赤ちゃんのミルクや離乳食にもにもピッタリです。

ついでに、ミルクの作り方をまとめてみました。よかったら参考にどうぞ^^

1. 哺乳瓶に必要な量の粉ミルクを入れたら・・・

クリクラミオを使ったミルクの作り方1-哺乳瓶に粉ミルクを入れている様子

2. お湯をできあがりの量の2/3くらい入れて、粉ミルクを溶かします。

クリクラミオを使ったミルクの作り方2-哺乳瓶にお湯を入れている様子

3. 冷水をできあがりの量まで入れます。

クリクラミオを使ったミルクの作り方3-哺乳瓶に冷水を入れている様子

混ざって適温になれば完成です!

クリクラミオを使ったミルクの作り方4-ミルクが混ざって完成している様子

むちゃくちゃ簡単です!

年に一度、無料で綺麗なサーバーと交換してくれる!

ウォーターサーバーを一年も使っていると、いろいろなところが汚れてきますし、本体内部の雑菌の心配も必ず出てきます。

でも、クリクラミオは、一年に一度、無料で、本体内部の除菌洗浄などをしてくれますので、衛生面でかなり安心できます。

サーバーを使う側は、メンテナンスの時期になったら、ピカピカに洗浄されたサーバーと、汚れたサーバーを交換するだけです^^

HEPAフィルターで清潔に!

クリクラミオのボトルの差込口には、「HEPAフィルター」というフィルターが付いています。

ちょっと見にくいですが・・・こんなのです。

HEPAフィルターの実物の写真

HEPAフィルターとは、空気中の細かなホコリを除去できる高性能のフィルターのことで、家電では空気清浄機に搭載されいることが多いそうです。

このフィルターがあれば、ボトルに空気中の雑菌が混ざるリスクが減りますので、衛生面で安心できます。こんなイメージですね^^

HEPAフィルターがゴミ・粉じんを除去する様子

ボトルは1本~注文できる。

ほとんどのメーカーは、ボトルは一回の配送で、最低でも2本は注文しなければいけませんが、クリクラミオは、1本~注文できるようになっています。

これは、水の消費量があまり多くない家庭にとっては、すごく便利なシステムだと思います。

ボトルを1本から注文できれば、水を無駄に余らせてしまうことはないと思いますので、無理なく利用できると思います^^

定期配送を休止できる。

クリクラミオは、天然水を定期配送するシステムですが、この定期配送は、必要なら休止させて、次の配送までスキップさせることができます。

(45日間注文がない場合は、休止手数料1,000円(税別)が発生するようですので、そこだけは注意が必要です。)

季節によって、どうしても水の消費量がばらついてしまったり、何かの事情で消費できずに余ってしまうこともあると思いますので、そんなときは、このシステムがあると安心ですよね^^

※配送の休止は、お客様サポートセンターに問い合わせると対応してくれます。

配達日・時間帯の指定ができる。

天然水の配達は、ヤマト運輸さん担当ですので、配達日や時間帯を指定することができます。

※配達日などの変更は、クリクラミオのホームページにある「マイアカウント」で簡単にできます。(契約者のみ閲覧できるページです)

例えば、こんな感じで変更できます。

クリクラミオの契約者のみ閲覧できる「マイアカウント」の内容-配達日を選択している様子

クリクラミオの契約者のみ閲覧できる「マイアカウント」の内容-配達の時間帯を選択している様子

※時間帯は、午前中か、午後は2時間おきの間隔で指定することができます。

これなら、都合のよい時に水を直接受け取ることができるので安心ですよね^^

「クリクラ」ブランドだから安心。

クリクラ(株式会社ナック)といえば、3年連続で「宅配水市場売上高シェアNo.1」になっているメーカーです。

(「株式会社矢野経済研究所調べ」による「2011-13年度 宅配水市場 販売金額ベース 2014年9月現在」において、売上高シェアNo.1。)

また、2014年2月(株)ライフメディア調べによる「宅配水に関する調査」においても、3年連続でNo.1になったとのことです。

クリクラミオは、こういった実績のあるメーカーの天然水ブランドですので、少なくとも何も実績のないメーカーよりは安心かなと思います。

クリクラミオの利用料金

実際にクリクラミオを利用する場合、どんな費用が必要になってくるのか、ざっとまとめておきますね^^

ボトル1本(8リットル)の価格 1,400円(税込1,512円)※500ml換算:約88円(税込)
レンタル料金 無料
メンテナンス料金 無料
配送料 無料
※奇数本での配送の場合は500円
電気代(月額) 約700円
解約金
※契約後、2年未満に解約した場合に発生
8,000円(税込8,640円)

まとめ。

最後に、クリクラミオの特徴とメリットをまとめておきます^^

  • チャイルドロックの安全性は、他社よりも高いから安心。
  • ボトルが8リットルサイズで軽いため、楽に交換できる。
  • ボトルは1本~注文できるため、無理なく手軽に利用できる。
  • 一年に一度、無料で綺麗なサーバーと交換してくれるため、衛生面でかなり安心できる。
  • 配達日・時間帯の指定ができるため、都合の良い時に直接水を受けとれる。
  • とにかくシンプルで使いやすい!

以上、こんな感じでした^^

※もし、クリクラミオについてもっと詳しく知りたい場合は、公式サイトもチェックしておくことをオススメします。(情報が豊富なので!)